まんぷく 第1話 感想とあらすじ

NHK朝ドラ まんぷく
スポンサーリンク

福子はホンワカのんびり癒し系女子

1938年の日中戦争の軍需景気に沸いていた時代が物語の舞台です。

主人公の今井福子(安藤サクラ)は
高等女学校を卒業し、大阪市内のホテルに就職する所から始まります。

福子が勤める会社は大阪東洋ホテル。

立派な超一流のホテルのようです。
福子はそこで電話交換士をします。
美人でない人は裏方の仕事だよ、と、からかわれる福子。

からかわれても、怒る訳でもなく
ホンワカしています。

福子は3人姉妹の末っ子。
長女の咲(内田有紀)は近々、結婚を控えていました。

父親のいない今井家で咲は、しっかりと家族のために頑張ってきたようです。

福子のもう一人の姉、克子は既に結婚しています。
その克子の旦那は売れない芸術家(要潤)で
二人は恋愛結婚でむすばれました。

とある休日、福子は女学校の友人たちと遊びに出かけました。
3人で評判のラーメン屋さんに行くことになりました。

福子はお嬢様学校に通っていた模様。
お友達はお金持ちばかりだったようですね。

お金持ちのばかりの学校の中でもひがまず、
普通に明るい福子のことが好きだと
お友達が言います。

貧相なお弁当でも平気だったしね!と話が盛り上がります。

女子学生時代からホンワカのんびりと明るい福子のようです。
癒し系女子ですね!

数日後、咲の花嫁衣装が家に届きました。

いよいよお姉ちゃんも結婚だね、と皆で喜んでいるとき、
急に母親の鈴(松坂慶子)がお腹を痛がります。
重病でしょうか?酷い痛がりようです。

結婚式を間近に控えているのに、重病だったらいけませんね。
心配です。

コメント